Home > スポンサー広告 > 2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「日本橋」~

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kenshou999.blog5.fc2.com/tb.php/2045-bc65e1a9
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 当たりやすい懸賞,当選確率アップ

Home > スポンサー広告 > 2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「日本橋」~

Home > 綾鷹WEB試験 > 2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「日本橋」~

2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「日本橋」~


関ヶ原の戦いの前哨戦となる「伏見城の戦い」で、上林竹庵(ちくあん)が出陣に際して旗印にしたのは何だったでしょうか?
茶壺  茶筒  茶筅  急須
【解説】旧主である家康の恩に報いるべく「伏見城の戦い」に参戦した竹庵(ちくあん)ですが、その戦いの際に旗印として、茶道具の茶筅(ちゃせん)を用いたといわれています。

元文3年に煎茶の新製法を考案した永谷宗円が、その新しい煎茶の販売を依頼した人物とはだれでしょうか?
石川嘉兵衛  松本嘉兵衛
山本嘉兵衛  鈴木嘉兵衛
【解説】永谷宗円は、新しい製法による煎茶を携えて江戸へ向かい、江戸日本橋の茶商であり、「山本山」の創業者・山本嘉兵衛(かへい)に販売を依頼しました。嘉兵衛はその香味を絶賛し、「天下一」の茶銘で大々的に売り出して好評を博します。
伝え方が9割
伝え方で結果が変わることがある、あなたのコトバが伝え方でどうにでもなり、もしかしたらですが人生が変わらなくもなかったりしちゃったり…。

永谷宗円が新たな煎茶の製法を考案したのは、いつでしょうか?
元文10年  元文9年  元文7年  元文3年
【解説】製茶業を営む家に生まれた永谷宗円は、元文3年(1738年)に新しい煎茶の製法を考案しました。宗円の考案した製法によって作られた煎茶は従来より味・香りともに格段によいもので、その製法は「青製」「宇治製」と呼ばれて全国に広まりました。

2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「日本橋」~


江戸時代初期、一般庶民のあいだで飲まれていた煎茶は、どんな水色(すいしょく)だったでしょうか?
緑色  黄色  赤色  茶色
【解説】一般庶民の間で飲まれていた煎茶は、若葉・古葉の区別なく摘み取り、灰のアクを加えた熱湯でゆがき、冷水で冷やしたあとに乾かして煎じて飲むというものでした。その水色は茶色で、今日の煎茶とは色、味、香気ともにかなり異なるものでした。

日本全国綾鷹WEB試験サイト

基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ(ブログ)もヨロシク!

戦国時代初期、宇治茶は主にどういった人たちの間で愛飲されていたでしょうか?
商人  庶民  将軍家や大名家などの上流階級  医師
【解説】戦国時代初期、宇治では、茶樹を藁(わら)束や莚(むしろ)で覆う覆下栽培が盛んに行われており、覆下栽培で作られた碾茶(てんちゃ)は、抹茶の原料として将軍家や大名家などの上流階級の間で愛飲されていました。

初代上林春松の弟にあたる上林竹庵(ちくあん)が、徳川家康に仕えていた頃、家康によって支配を命じられていた地はどこだったでしょうか?
三河  駿河  遠江  尾張
【解説】自ら仕官の道を選び、徳川家康に仕えていた上林竹庵は、家康によって三河の土呂(とろ)郷(現在の愛知県愛知県岡崎市)の支配を命じられていました。その地で茶の栽培にもあたっていたといわれています。
金持ちになる方法はあるけれど、金持ちになって君はどうするの?
人生における永遠のテーマでも何でもないが…。

関ヶ原の戦いの前哨戦となる「伏見城の戦い」で鈴木重朝(しげとも)に討たれた上林竹庵(ちくあん)の亡骸(なきがら)を葬ったのはだれだったでしょうか?
毛利九左衛門  佐野四郎右衛門
蜂須賀彦右衛門  田中三郎衛門
【解説】「伏見城の戦い」で討死した竹庵(ちくあん)の亡骸(なきがら)は、京都の商人であった佐野四郎右衛門によって宇治の平等院に葬られたと伝えられています。佐野は、竹庵からかつて受けた恩恵に報いるべく、竹庵の亡骸を盗み出して葬ったといわれています。

「日本橋に到着しました」
徳川幕府がうまれ、政治の中心が京都から江戸に移ってからも宇治のお茶は将軍家に愛好され続けました。寛永4年(1627年)、徳川家光は上林家を筆頭とする宇治御茶師たちに将軍家で使用する茶葉を作らせました。それ以降、毎年新茶の時期になると宇治から江戸へお茶が運ばれるようになり、寛永10年(1633年)頃にそれは制度化され、後に「御茶壺道中」と呼ばれる権威ある行列になりました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
当たりやすい懸賞紹介!
(アサヒやキリンなど大手企業の大量当選ネット懸賞を大量に紹介)

このエントリーをはてなブックマークに追加

CATEGORY... この記事を含む前後5つの記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kenshou999.blog5.fc2.com/tb.php/2045-bc65e1a9
Listed below are links to weblogs that reference
2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「日本橋」~ from 当たりやすい懸賞,当選確率アップ

Home > 綾鷹WEB試験 > 2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「日本橋」~

ようこそ。
ブログ村へGo!
Yahoo!ブックマーク登録
現在:9人
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - <%topntry_title>  このエントリーを含むはてなブックマーク
当たりやすい懸賞紹介!


ツイッター
このブログの注目ワード
リンク
Amazonなど
プロフィール

当たる人

Author:当たる人
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  • 最新記事をお知らせ
ランキング
  • seo
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top

借金返済裏技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。