Home > 綾鷹WEB試験 > 2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「下諏訪宿」~

2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「下諏訪宿」~


上林家の中で、千利休とその弟子たちを招いて茶会を催したという話が伝えられている人物は誰でしょうか?
上林竹庵  上林味卜  上林久茂  上林氏忠
【解説】初代上林春松の弟にあたる上林政重(まさしげ)は、茶道を志して茶の湯を利休から学び、竹庵(ちくあん)と号していました。竹庵は、利休とその弟子たち一行を茶会に招いたという話が伝えられています。

宇治茶について、「宇治は当代近来の御賞翫(ごしょうがん)、栂尾は此の間衰微の体に候」と記された、室町時代後期に編纂された書物は何でしょうか?
尺素往来(せきそおうらい)  庭訓往来(ていきんおうらい)
宇勢往来(うせいおうらい)  栂衰往来(つがすいおうらい)
【解説】室町時代後期に一条兼良(いちじょうかねよし)によって編纂された書物『尺素往来(せきそおうらい)』には、かつて「本茶」として一世を風靡した栂尾茶の勢いが衰え、かわりに宇治茶が人々に好まれるようになっていく様が記されています。ハダカの美奈子

利休は、秀吉から切腹を命じられる直前、「今生の限りとして上林の茶を一服申したい」と書状に記していました。さて、切腹を命じられた時、利休は何歳だったでしょうか?
80歳  70歳  60歳  55歳
【解説】利休は、天正19年(1591年)、秀吉の怒りを買って切腹を命じられ70歳の生涯を閉じます。その直前に利休が残した書状には「今生の限りとして上林の茶を一服申したい」という旨のことが書かれています。

TVCM『綾鷹作法 製法篇』において、上林秀敏氏は急須を回すと何が出るといってるでしょうか?
雑み  旨み  渋み  甘み
【解説】急須を回すと「雑み」まで出てしまいます。熱すぎないお湯でじっくりと「旨み」が引き出されるのをお待ちください。懺悔~ゴマキの弟と呼ばれて~

栄西が明恵に茶種を贈る際に使用したと伝えられる壺の名前はなんでしょうか?
漢柿蔕茶壺(あやのかきへたちゃつぼ)
漢栄西茶壺(あやのえいさいちゃつぼ)
漢明恵茶壷(あやのみょうえちゃつぼ)
漢養生茶壷(あやのようじょうちゃつぼ)
【解説】栄西は、漢柿蔕茶壺(あやのかきへたちゃつぼ)という壺に茶種を入れ、明恵に贈ったと伝えられています。この壺は、現在も高山寺に残されています。

利休の死後、茶の湯の第一人者となり「茶湯名人」と称された利休の弟子はだれでしょうか?
今井宗久  高山右近
古田織部  蒲生氏郷
【解説】利休の死後、茶の湯の第一人者となったのは、利休の弟子の古田織部でした。「茶湯名人」と称された織部は、利休が完成した茶道を広く展開していく役目を果たしました。

2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「下諏訪宿」~


緑茶の旨みのもとを多く含む「にごり」を実現するために、綾鷹ではどのような工夫がされているでしょうか?
高温のお湯で、茶葉から抽出。
綾鷹のために特別に挽いた抹茶を使用
綾鷹のために特別に焙煎した深蒸し茶を使用
綾鷹のために選定した特別なムクの皮を使用
【解説】綾鷹の本格的な緑茶の味わいを生み出すためのこだわりのひとつに「にごり」があります。綾鷹のために特別に挽いた抹茶を使用し、綾鷹独自の製法を駆使してこのにごりを実現しました。夢幻花(むげんばな)⇒東野圭吾

お茶と関わりの深い京都市右京区栂尾(とがのお)にある高山寺(こうさんじ)を再興したのはだれでしょうか?
永忠上人  月海上人  隠元上人  明恵上人
【解説】華厳宗の興隆を願って栂尾の高山寺を再興したのは明恵上人です。明恵は、栂尾の地に茶種をまいて茶の栽培を日本に広めた人物としても知られています。

鎌倉時代の末期に流行し、「本茶」か「非茶」かを飲みあてる遊戯を何というでしょうか?
競茶  比茶  闘茶  真茶
【解説】鎌倉時代の末期には、栂尾(とがのお)産の茶を「本茶」、その他の産地の茶を「非茶」とし、「本茶」か「非茶」かを飲み比べて当てる「闘茶」が、武家や公家、僧侶の間で流行しました。真夏の方程式⇒東野圭吾

日本全国綾鷹WEB試験サイト

基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ(ブログ)もヨロシク!

急須でいれた緑茶のようなにごりのある水色(すいしょく)とふくよかな旨みを作り出すために、「綾鷹」で使われているのはどれでしょうか?
抹茶  番茶  玉露  にがり
【解説】急須でいれた緑茶のような、にごりのある水色とふくよかな旨みは、綾鷹のために特別に挽いた抹茶を使用し、独自の製法によって再現されています。なめこのうた [CD+DVD]⇒福原遥(まいん)

現存する唯一の千利休作の茶室といわれている、京都・妙喜庵(みょうきあん)の茶室「待庵」(たいあん)の広さは?
1.5畳  2畳  3畳  4畳
【解説】京都・妙喜庵の中にある「待庵」は、現存する唯一の千利休作の茶室といわれています。「待庵」は、切妻造柿葺き(きりづまづくりかけらぶき)の2畳の茶室で、秀吉も招かれたと伝えられています。

鎌倉時代に、京都の栂ノ尾(とがのお)で茶の栽培を始めたといわれている明恵上人の肖像画はどれでしょうか?
  弐  参  四
【解説】明恵は、茶祖である栄西から禅の教えを受けており、その際贈られた茶種を栂尾の地に播いて栽培を始めました。明恵が中興した高山寺には、「日本最古之茶園」の碑がいまも残っています。

鎌倉時代末期、明恵が栂尾に播いた種から育ち、生産されるようになった茶葉のことを何と呼んでいたでしょうか?
非茶  本茶  真茶  種茶
【解説】明恵が栂尾に播いた種から育った茶は、いつしか茶園となり、その後約2世紀にわたって発展しました。鎌倉時代末期になると、その質の高さから栂尾で栽培された茶葉を「本茶」、それ以外のものは「非茶」と呼ばれるようになります。るるぶ梅田 (国内シリーズ)

上林家に対し、茶葉の茶壷への詰め方がぞんざいであったことを叱咤激励する書状を送った人物の肖像画はどれでしょうか?
壱  弐  参  四
【解説】茶を愛好していた秀吉は、宇治の有力茶師であった上林家を重用しました。宇治・上林記念館には、秀吉から上林家に送られた書状がいまも残されています。その書状の中で秀吉は、「上林家から届いた茶壷の口封がぞんざいだった」と厳しくたしなめたうえで、「上林の茶葉は良いものなのだから」という激励の言葉を添えています。

織田信長、豊臣秀吉に仕えた、茶道の大成者として知られる人物はだれでしょうか?
古田織部  津田宗及  千利休  下條信隆
【解説】千利休は、信長のもとで茶事を司り、信長亡き後は秀吉に重用されました。茶室をはじめとして、道具、その精神に至るまで創意工夫を重ねて洗練させ、茶の湯を茶道として完成させました。桐山瑠衣 I楽園 [Blu-ray]

上林家には千利休の親族が嫁いでいますが、それはどれでしょうか?
千利休の孫  千利休の従姪孫(じゅうてっそん)
千利休の養女  千利休の従姪(じゅうてつ)
【解説】上林家には、千利休の養女が嫁いでいます。上林家に利休が宛てた書簡によると、千利休は上林家の茶を重用していたという事実が記されており、両家は相当親しい間柄だったと考えられます。

「下諏訪宿に到着しました」
中山道と甲州街道の分岐に位置する下諏訪宿。当時の御茶壺道中の行列の経路については諸説ありますが、宇治で上林家の指示で碾茶(茶葉)を壺に詰めたのち、中山道を通って江戸に向かったといわれています。元禄時代までは、甲州街道を通り、途中爽涼な甲州谷村(現在の山梨県都留市)に茶壺を一旦保管して夏を過ごしてから、江戸に入ることが多かったそうです。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
当たりやすい懸賞紹介!
(アサヒやキリンなど大手企業の大量当選ネット懸賞を大量に紹介)

このエントリーをはてなブックマークに追加

CATEGORY... この記事を含む前後5つの記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kenshou999.blog5.fc2.com/tb.php/2036-da6044c0
Listed below are links to weblogs that reference
2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「下諏訪宿」~ from 当たりやすい懸賞,当選確率アップ

Home > 綾鷹WEB試験 > 2013年版 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「下諏訪宿」~

ようこそ。
ブログ村へGo!
Yahoo!ブックマーク登録
現在:9人
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - <%topntry_title>  このエントリーを含むはてなブックマーク
当たりやすい懸賞紹介!


ツイッター
このブログの注目ワード
リンク
Amazonなど
プロフィール

当たる人

Author:当たる人
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  • 最新記事をお知らせ
ランキング
  • seo
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top

借金返済裏技