Home > 綾鷹WEB試験 > 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「宇治」その2~

日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「宇治」その2~


江戸時代後期(天保年間)、第十代上林春松が密かに作っていた、覆下(おおいした)栽培で作られた碾茶(てんちゃ)用の茶葉を、煎茶の製法によって仕上げたお茶の名前は何でしょうか?
「綾鷹」  「初音」
答え:「綾鷹」
【解説】「綾鷹」は、覆下栽培で作られた碾茶用の茶葉を、煎茶の製法を用いて仕上げたもので、江戸時代後期、第十代上林春松が開発しました。それを十一代上林春松が一般の市民向けに製造・販売したと伝えられています。

綾鷹の水色(すいしょく)は、急須でいれた緑茶と共通の特徴があります。それはどちらでしょうか?
透き通った透明な黄緑色  にごりのある黄緑色
答え:にごりのある黄緑色
【解説】緑茶のにごりには、おいしさのもととなる成分が多く含まれています。このにごりは、綾鷹のために特別に挽いた抹茶と独自の製法を駆使して、再現しました。にごりがもたらすふくよかな旨み、渋み、香り豊かな味わいがお楽しみいただけます。

家康が上林家に宇治の若森の茶園を与えた際、その茶園で栽培されたお茶のために与えた茶銘は何ですか?
祖母昔  祖父昔
答え:祖母昔
【解説】初代上林春松の祖母がお茶の仕立ての名人で、その茶を家康が「祖母茶(ばばちゃ)」と称して愛していました。ある時、家康は、その褒美として宇治・若森の茶園を上林家に与え、その茶園で摘まれた茶に使用する茶銘として、「祖母昔(ばばむかし)」を与えました。

「綾鷹」という名前には、どんな意味が込められているでしょうか?
鷹のような形の茶葉を編んだ  貴重な茶葉を織り込んだ
答え:貴重な茶葉を織り込んだ
【解説】上質な茶葉を「織り込む」という意味の「綾」と「貴重な茶葉」という意味の「鷹」を組み合わせ、「綾鷹」という名前で、厳選された上質な茶葉を心を込めて丹念に仕上げたお茶であることを意味しています。

江戸時代に上林家が担っていた、宇治の茶師を統括する役目はなんというでしょうか?
茶頭取  茶代官
答え:茶頭取
【解説】上林家は、茶師全体を束ねる役割を負う「茶頭取(ちゃとうどり)」の職務を担っていました。将軍家の御茶御用の際には、上林家の指揮のもとに宇治の茶師たちが総力をあげてお茶の準備を整えました。

永禄年間に創業された上林春松本店は、2012年現在、創業何年でしょうか?
約100年  約450年
答え:約450年
【解説】上林春松本店は、初代上林春松により、今から約450年前の永禄年間に創業されました。創業以来、伝統を重んじながらもそれだけにとらわれる事なく、時代の流れに適応して柔軟に発想し、その時代に適した新たな価値を提供し続けています。

日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「宇治」その2~


初代上林春松の祖母が仕立てた御茶を「祖母茶(ばばちゃ)」と称して愛した、上林家とも親交の深かった歴史上の人物は誰でしょうか?
徳川家康  徳川家綱
答え:徳川家康
【解説】初代上林春松の祖母の仕立てたお茶を「祖母茶(ばばちゃ)」と称して好んだのは、徳川家康です。この「祖母茶」の褒美として家康が与えた「祖母昔(ばばむかし)」の茶銘は、400年以上経った今も、上林春松本店で大切に守り伝えられています。

宇治の地に茶をもたらした人といわれているのはだれでしょうか?
明恵  栄西
答え:明恵
【解説】明恵は、栂尾(とがのお)茶の生みの親と言われており、13世紀前半、宇治・五ケ庄大和田の里(現在の宇治市五ケ庄西浦)の土地に、栄西から贈られた茶種を播き、宇治に茶葉の栽培を広めた人物として知られています。

宇治から江戸に茶葉を運ぶ「御茶壺道中(おちゃつぼどうちゅう)」の様子を歌ったといわれているわらべ歌は、どちらでしょうか?
ずいずいずっころばし  通りゃんせ
答え:ずいずいずっころばし
【解説】「ずいずいずっころばし」は、御茶壺道中の様子を歌ったわらべ歌です。「茶壺に追われてトッ(戸を)ピンシャン、抜けたら(通過したら)ドンドコショ(やれやれ、と息をつく)」と歌われているように、庶民は御茶壷道中を顔をあげて見ることすら許されず、通りすぎるのを恐る恐る息を潜めて待っていたようです。当時の庶民が、いかに御茶壺道中に対して畏怖の念を抱いていたかを読み取ることができます。

日本全国綾鷹WEB試験サイト

基礎から学ぶ行政書士試験合格ゼミ(ブログ)もヨロシク!

江戸時代の宇治茶師である「御物御茶師(ごもつおちゃし)」「御袋御茶師(おふくろおちゃし)」「御通御茶師(おとおりおちゃし)」の御茶師三仲ヶ間(おちゃしさんなかま)にのみに認められていたお茶の栽培方法は何だったでしょうか?
覆下栽培  露天栽培
答え:覆下栽培
【解説】御茶師三仲ヶ間(おちゃしさんなかま)にのみ認められていた栽培方法は、覆下(おおいした)栽培です。覆下栽培は、お茶の新芽が成長する過程で、茶樹を藁(わら)束や莚(むしろ)などで覆う栽培法であり、渋味の少ない旨み豊かな茶葉を生産することができます。川口春奈 ファースト写真集 『 haruna 』

綾鷹は、どのような味わいの緑茶を目指して開発されたでしょうか?
急須でいれた緑茶のような本格的な味わい
ほうじの香ばしい香味とやわらかな味わい
答え:急須でいれた緑茶のような本格的な味わい
【解説】綾鷹は、これまでのペットボトル入りのお茶にはない急須でいれた緑茶のような本格的な味わいを目指し、宇治の老舗茶舗「上林春松本店」の協力を得て開発されました。

江戸時代後期(天保年間)、第十代上林春松が密かに作っていた、覆下(おおいした)栽培で作られた碾茶(てんちゃ)用の茶葉を、煎茶の製法によって仕上げたお茶の名前は何でしょうか?
「綾鷹」  「初音」
答え:「綾鷹」
【解説】「綾鷹」は、覆下栽培で作られた碾茶用の茶葉を、煎茶の製法を用いて仕上げたもので、江戸時代後期、第十代上林春松が開発しました。それを十一代上林春松が一般の市民向けに製造・販売したと伝えられています。IQUEEN VOL.11 長澤まさみ SPECIAL EDITION (PLUP SERIES)

江戸時代の宇治茶師である「御物御茶師(ごもつおちゃし)」「御袋御茶師(おふくろおちゃし)」「御通御茶師(おとおりおちゃし)」の御茶師三仲ヶ間(おちゃしさんなかま)にのみに認められていたお茶の栽培方法は何だったでしょうか?
覆下栽培  露天栽培
答え:覆下栽培
【解説】御茶師三仲ヶ間(おちゃしさんなかま)にのみ認められていた栽培方法は、覆下(おおいした)栽培です。覆下栽培は、お茶の新芽が成長する過程で、茶樹を藁(わら)束や莚(むしろ)などで覆う栽培法であり、渋味の少ない旨み豊かな茶葉を生産することができます。

徳川家康が贈った茶銘で、上林家にのみ使用が許されている「祖母昔」の読み方はどちらでしょうか?
そぼむかし  ばばむかし
答え:ばばむかし
【解説】徳川家康が上林家に贈った茶銘「祖母昔(ばばむかし)」は、上林家だけに使用が許された、由緒ある茶銘です。400年以上経った今も、大切に守り伝えられており、上林春松本店にはその名を冠した抹茶が今も残っています。

永禄年間に創業された上林春松本店は、2012年現在、創業何年でしょうか?
約100年  約450年
答え:約450年
【解説】上林春松本店は、初代上林春松により、今から約450年前の永禄年間に創業されました。創業以来、伝統を重んじながらもそれだけにとらわれる事なく、時代の流れに適応して柔軟に発想し、その時代に適した新たな価値を提供し続けています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
当たりやすい懸賞紹介!
(アサヒやキリンなど大手企業の大量当選ネット懸賞を大量に紹介)

このエントリーをはてなブックマークに追加

CATEGORY... この記事を含む前後5つの記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kenshou999.blog5.fc2.com/tb.php/1910-6b0e167f
Listed below are links to weblogs that reference
日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「宇治」その2~ from 当たりやすい懸賞,当選確率アップ

Home > 綾鷹WEB試験 > 日本全国綾鷹WEB試験の問題と解答 ~お茶壺道中「宇治」その2~

ようこそ。
ブログ村へGo!
Yahoo!ブックマーク登録
現在:9人
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - <%topntry_title>  このエントリーを含むはてなブックマーク
当たりやすい懸賞紹介!


ツイッター
このブログの注目ワード
リンク
Amazonなど
プロフィール

Author:当たる人
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  • 最新記事をお知らせ
ランキング
  • seo
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top

借金返済裏技