Home > スポンサー広告 > ジョージア ヨーロピアントリビアクイズの答え その5

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://kenshou999.blog5.fc2.com/tb.php/1791-4774c41e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 当たりやすい懸賞,当選確率アップ

Home > スポンサー広告 > ジョージア ヨーロピアントリビアクイズの答え その5

Home > ヨーロピアントリビアクイズ > ジョージア ヨーロピアントリビアクイズの答え その5

ジョージア ヨーロピアントリビアクイズの答え その5


イギリスで生まれた、スカーフのような幅の広い「アスコットタイ」。この「アスコット」とは紳士が集う、ある場所にちなんだ名前ですが、それはいったいどんな場所でしょう?

答え:競馬場
【解説】イギリス・バークシャー州にあるアスコット競馬場は英国王室が所有する高貴な競馬場です。19世紀中ごろ、ここに集う貴族たちが正装に合わせてこのタイを着用したことから、「アスコットタイ」と呼ばれるようになり、その後、一般にも広まったといわれています。安心の国内縫製加工、共生地の ポケットチーフ が付いた 格安 アスコットタイ & チーフ セット MS-5004 ( エンジ )

イタリアで、新しい年を迎えるときに身につけているとよい1年を過ごせる、といわれているのは、次のうちのどれでしょう?

答え:赤い下着
【解説】年末のイタリアでは、ショーウィンドウに多くの赤い下着を見ることができます。身に着ける赤い下着は新しいものであること、誰かにもらったものであること、が条件だそうです。家族や恋人同士で贈り合い、お互い幸せで健康な1年を過ごせるように願う風習です。

最近、女性に人気の柄に「リバティプリント」と呼ばれるものがあります。さて、どんな模様があしらわれた生地のことでしょう?

答え:細かい小花
【解説】「リバティプリント」は、ロンドンにある老舗リバティ社製の花柄プリントが流行したことからつけられた呼び名です。遠くから見ると無地に見える程の細かい柄が特徴です。最近、ワンピースなどに使われ、女性に人気の高い柄のひとつとなっています。

17世紀から18世紀にかけて、ロンドンではコーヒーハウスが大流行しました。このコーヒーハウスは1ペニー払えばコーヒーが楽しめ、さらにあるメリットもあったことから、何と呼ばれたでしょう?

答え:ペニー大学
【解説】ロンドンのコーヒーハウスは、政治家、実業家、学者など知識人たちのたまり場であり、知的欲求を満たすための社交場でもありました。入場料の1ペニーを払えば、様々な知識と情報が得られたことから「ペニー大学」と呼ばれました。

ジョージア ヨーロピアントリビアクイズ

ジョージア ヨーロピアントリビアクイズの答え その5


18世紀の音楽家モーツァルトのエピソードに由来する卵料理で、ズバリ「モーツァルト風」といったらどんなもののことでしょう?

答え:特大の目玉焼き
【解説】ある時、オペラの興行主から食事の招待を受けたモーツァルトは、卵を6個並べた目玉焼きを注文し、それをすっかりたいらげてしまったそうです。このエピソードから、卵を4個以上使う特大の目玉焼きのことを「モーツァルト風」と呼ぶのだそうです。

18世紀のドイツで、市民から「コーヒー嗅ぎ」と呼ばれたのはどんな人たちでしょう?

答え:コーヒーの取り締まりをする人
【解説】18世紀、ドイツではコーヒーの流行によって通貨が海外に流出し、経済が悪化していました。そこで政府は「コーヒー禁止令」を出し、一般市民によるコーヒーの焙煎を禁じます。家で焙煎する市民を摘発する監視官は、市民から「コーヒー嗅ぎ」と呼ばれ反感を買っていました。

16世紀のイタリアの画家ダニエレ・ダ・ヴォルテッラは、ミケランジェロが描いたシスティーナ礼拝堂の祭壇画『最後の審判』に修正を加えたことから、あるあだ名で呼ばれるようになりました。それはどんなあだ名でしょう?

答え:ふんどし画家
【解説】『最後の審判』完成後に就任した法王は、この作品の人物が全裸であることを問題視し、ダニエレに下半身を腰巻きなどを加筆して隠すよう命じました。これによりダニエレは「ふんどし画家」と呼ばれてしまうことになったのです。

スウェーデン名物の「シュールストレミング」は、あることでとても有名な食べ物ですが、それはどんなことでしょう?
答え:世界一くさい
【解説】シュールストレミングはニシンを塩漬けにして缶の中で発酵させた漬物の一種です。その強烈な臭いから「世界一くさい食べ物」として有名です。あまりにくさいため、缶を開けるときは絶対に室内ではなく野外で開けるように、などといわれています。シュールストレミング

スペインの作家セルバンテスの言葉。
「「○○」という名の通りを歩いて行き、行き着くところは「なにもしない」という名札のかかった家である。」
○○に入る言葉は何でしょう?
答え:そのうちやる
【解説】「そのうちやる」「あとでやる」。ついつい、こう言って「やるタイミング」を先延ばしていると、結局は「なにもしない」まま時間だけが過ぎてしまうということをいった言葉です。ドン・キホーテ (まんがで読破)

中世ヨーロッパのファッションで、そのつけ方によって様々なメッセージが込められたものといえば、次のうちのどれでしょう?
答え:つけぼくろ
【解説】「つけぼくろ」は17世紀に流行したアイテムです。黒いサテンの生地を切り、目の側なら「情熱的」、唇の上は「なまめかしい」などの意味が込められていました。ペローの童話『シンデレラ』にも、舞踏会に行く姉が、つけぼくろを用意するシーンが登場します。

ドイツには「ロマンティック街道」や「アルペン街道」など、多くの観光街道があります。そのひとつ「メルヘン街道」は、名前のとおり、街道沿いにはドイツの童話にゆかりの町が連なります。さて、終点の町に関係がある物語は次のうちのどれでしょう?
答え:ブレーメンの音楽隊
【解説】「メルヘン街道」は、グリム兄弟の生地ハーナウからブレーメンまでを結ぶ約600㎞の観光ルートです。兄弟が少年時代を過ごしたカッセルや、笛吹き男で有名なハーメルンなど、童話のゆかりの地や古い町並みなどを楽しむことができます。世界の街道をゆく Vol.2 「グリム兄弟とメルヘン街道」 [Blu-ray]

美食大国ともいわれるベルギーで特に人気の食材といえば、白ワイン蒸しやフライなどにして食べられる「ムール貝」。さて、この「ムール貝」、名前の語源は何でしょう?

答え:小さなネズミ
【解説】ムール貝は和名を「ムラサキイガイ」といいます。紫色をした殻が、まるでネズミのようだということから、ラテン語で「小さなネズミ」を意味する「musculus」という言葉で呼ばれ、それが「moule」に変化したといわれています。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
当たりやすい懸賞紹介!
(アサヒやキリンなど大手企業の大量当選ネット懸賞を大量に紹介)

このエントリーをはてなブックマークに追加

CATEGORY... この記事を含む前後5つの記事

Comments: 0

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://kenshou999.blog5.fc2.com/tb.php/1791-4774c41e
Listed below are links to weblogs that reference
ジョージア ヨーロピアントリビアクイズの答え その5 from 当たりやすい懸賞,当選確率アップ

Home > ヨーロピアントリビアクイズ > ジョージア ヨーロピアントリビアクイズの答え その5

ようこそ。
ブログ村へGo!
Yahoo!ブックマーク登録
現在:9人
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - <%topntry_title>  このエントリーを含むはてなブックマーク
当たりやすい懸賞紹介!


ツイッター
このブログの注目ワード
リンク
Amazonなど
プロフィール

Author:当たる人
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  • 最新記事をお知らせ
ランキング
  • seo
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top

借金返済裏技
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。