Home > 2012年09月

2012年09月 Archive

ジョージアヨーロピアントリビアクイズ 日本で洗練されたこだわりを見抜く12

「ヨーロピアン コクの微糖」では2種類の豆を採用していますが、それぞれの豆に2つの異なる焙煎を行っています。この2つの焙煎によって生まれた豆を後からあわせてブレンドすることで、味と薫りそれぞれのクオリティを高めたこだわりのコーヒーを実現しました。この2種類の豆はどれとどれ?
A アラビカ豆とエメラルドマウンテン豆
B アラビカ豆とロブスタ豆
C エメラルドマウンテン豆とロブスタ豆
D エメラルドマウンテン豆とリベリカ豆
答え:B アラビカ豆とロブスタ豆
解説:「ヨーロピアン コクの微糖」ではアラビカ豆とロブスタ豆を採用していますが、それぞれの豆に2つの異なる焙煎を行っています。ロブスタ豆はより深煎りにして、豆の味の強さを強調。一方、アラビカ豆は、少し焙煎の度合いを下げて、その分、広がる薫りを豊かにするというねらいがあります。この2つの焙煎によって生まれた豆を後からあわせてブレンドすることで、味と薫りそれぞれのクオリティを高めたこだわりのコーヒーを実現することができました。両方の豆をまとめて同じ焙煎をするだけでは、けっしてたどり着くことのできなかったフレーバーです。

16世紀の半ば、フランシスコ・ザビエルが今の山口県のお殿様に贈ったものが、日本で最初に伝わった眼鏡とされています。さて、久能山東照宮にはある人物が愛用していたという眼鏡が残されているのですが、それは誰のものだったのでしょう?
A 徳川家康  B 水戸黄門  C 平賀源内  D 春日局
答え:A 徳川家康
解説:江戸幕府初代将軍の徳川家康も、実は眼鏡をかけていました。静岡県久能山の東照宮には、家康がかけていた眼鏡が残されています。日本に現存する最古の眼鏡がこの徳川家康が愛用していたべっこう縁の眼鏡といわれています。当時の眼鏡は、ほとんどが手で持って見るタイプのもので、家康の眼鏡も手で持つタイプのものでした。

「ヨーロピアン コクの微糖」では、深く香ばしく力強い味わいロブスタ豆とエチオピアが原産とされ、中東のイエメンで広まったことからその名がついたといわれるある豆がつかわれています。甘みに特徴のあるそのコーヒー豆の名前は?
A アラビカ豆  B エチオピア豆
C エメラルドマウンテン豆  D リベリカ豆
答え:A アラビカ豆
解説:アラビカ豆は、甘みに特徴のあるコーヒー豆。エチオピアが原産とされ、中東のイエメンで広まったことからアラビカの名で呼ばれるようになったというエピソードがあります。「ヨーロピアン コクの微糖」では、ヨーロッパでも広く親しまれている、品のよい香りが特長のブラジル産のアラビカ豆。そして深く香ばしい、力強い味わいロブスタ豆を使用しています。ちなみに、エスプレッソが主流のヨーロッパでは南下するほど、ロブスタ豆を使う傾向が強くなっています。

日本では年々パンの消費量が増えていますが、中でも人気なのがやはり食パン。食パンは18世紀のイギリスで誕生しました。さて、現在日本で食パンの消費額が日本一の都市は神戸市ですが、あることがきっかけで食パンがよく食べられるようになったそうです。そのあることとは何でしょう?
A 大阪万博  B オイルショック  C 沖縄返還  D 米騒動
答え:D 米騒動
解説:2012年、総務省の家計調査で2011年の1世帯当たりの米の消費額がパンに追い越されたことが発表され話題となりました。さて、問題の「食パン」。特に神戸で消費量が高いのは、この地に外国のベーカリーが多く、パン文化が栄えていたという土台に加え、大正7年に米騒動が起こったこと。これを機に、神戸では朝食として一般的に食パンが食べられるようになりました。

1839年、フランスで銀板写真「ダゲレオタイプ」が発明されました。カメラは江戸時代末期に日本に持ち込まれ、産業の近代化を経て、日本を代表する製品にまで成長しました。さて、ケータイの普及で1人1台カメラ時代ともいえるこのご時世ですが、日本で作られた「世界初のカメラ付携帯」の、意外な宣伝文句は何だったでしょう?
A パーソナルハンディコピー機
B ポケットに子どもの笑顔を
C お見合いに使えるテレビ電話端末
D 毎日の食事はこれで記録
答え:C お見合いに使えるテレビ電話端末
解説:「世界初のカメラ付携帯電話」は、1999年に発売されました。当時の宣伝文句は、「お見合いに使えるテレビ電話端末」。このカメラは“テレビ電話用”として開発されていたのです。そのため、液晶面側にカメラがついており、自分を撮る以外には使いづらいものでした。その後、自分撮りはもちろん、自分以外のものも撮影しやすいよう改良され、ますますカメラ付携帯(スマホ)は身近なものになりました。

ジョージア ヨーロピアン トリビアクイズ

Continue reading

ジョージアヨーロピアントリビアクイズ 日本で洗練されたこだわりを見抜く11

「ヨーロピアン コクの微糖」では、深く香ばしく力強い味わいロブスタ豆とエチオピアが原産とされ、中東のイエメンで広まったことからその名がついたといわれるある豆がつかわれています。甘みに特徴のあるそのコーヒー豆の名前は?
A アラビカ豆  B エチオピア豆
C エメラルドマウンテン豆  D リベリカ豆
答え:A アラビカ豆
解説:アラビカ豆は、甘みに特徴のあるコーヒー豆。エチオピアが原産とされ、中東のイエメンで広まったことからアラビカの名で呼ばれるようになったというエピソードがあります。「ヨーロピアン コクの微糖」では、ヨーロッパでも広く親しまれている、品のよい香りが特長のブラジル産のアラビカ豆。そして深く香ばしい、力強い味わいロブスタ豆を使用しています。ちなみに、エスプレッソが主流のヨーロッパでは南下するほど、ロブスタ豆を使う傾向が強くなっています。

「サンドイッチ」の名前の由来となった人物は、18世紀のイギリスの貴族・サンドイッチ伯爵。伯爵があることに夢中になり、片手間でも食べられるということでこの簡単な食事を好んだそうで、ここから「サンドイッチ」と名付けられたそうです。さて、伯爵は一体何に夢中になっていたのでしょう?
A 妻の出産  B テニス  C トランプ  D 作曲
答え:C トランプ
解説:18世紀イギリスの貴族、サンドイッチ伯爵ことジョン・モンタギューは、食事の時間も惜しむほど、トランプのゲームに没頭することがしばしばありました。そこでトランプをしながらでも食べられるということで伯爵が好んだのが、様々な具材をパンで挟んだ軽食でした。このことから、伯爵の名をとって「サンドイッチ」と呼ばれるようになったといわれています。

北欧といえばオシャレな家具で有名です。寒いお国柄か、できるだけ室内を快適に過ごそうという工夫の表れかもしれません。中でもデンマークは照明器具のデザインが優れている国として知られています。さて、そんなデンマークが生んだ建築家がデザインした世界遺産があるのですが、それは次のどれでしょう?
A 自由の女神像  B ロンドン塔
C シェーンブルン宮殿  D シドニー・オペラハウス
答え:D シドニー・オペラハウス
解説:シドニーのオペラハウスは1973年に完成した、世界遺産の建築物としては最も新しいものです。デザインを手掛けたのはデンマークのヨーン・ウッツォンという建築家。ヨットのマストのように見える屋根は、どことなくデンマークの照明器具を思い起こさせます。

スーツを着る際に欠かせないシャツといえばYシャツですが、これは「ホワイトシャツ」が訛ったものであることは、よく知られています。では、主に西日本でYシャツのことをいうカッターシャツの「カッター」の由来は何でしょう?
A 勝利の「勝った」から
B 裾を短く「刈った」から
C 多くの人に「買って」もらえるように
D 「勝田」さんが作ったから
答え:A 勝利の「勝った」から
解説:関西地方で一般的な「カッターシャツ」という呼び方。実はこれ、スポーツ用品のミズノ株式会社の創業者・水野利八が命名した呼び名です。「カッターシャツ」はもとはミズノが売り出した運動用シャツでしたが、そのネーミングは「勝った! 勝った!」という勝利を喜ぶ言葉をもじった造語だったのです。

日本人選手の活躍が楽しみな競技にフィギュアスケートがあります。フィギュアスケートのルーツははっきりしませんが、ヨーロッパにあることは間違いないようです。さて、日本のフィギュアスケート発祥の地とは次のどこでしょう?
A 宮城県の五色沼  B 長野県の諏訪湖
C 東京都の不忍池  D 奈良県の猿沢池
答え:A 宮城県の五色沼 浅田真央 さらなる高みへ
解説:仙台市博物館の入口に「五色沼」と呼ばれる小さな池があります。この池の脇に、男女ペアのスケーターの像と「フィギュアスケート発祥の地」と書かれた碑が建っています。明治時代、冬に凍ったこの池で仙台在住の外国人が子どもたちにフィギュアスケートを教えたことから、この地が「日本のフィギュアスケート発祥の地」とされています。

ジョージア ヨーロピアン トリビアクイズ

Continue reading

ジョージアヨーロピアントリビアクイズ 日本で洗練されたこだわりを見抜く10

イタリア生まれのチーズには「ゴルゴンゾーラ」や「モッツァレラ」などいろいろありますが、中でも「パルミジャーノ・レッジャーノ」は、「チーズの王様」とも呼ばれ、非常に貴重なことで知られます。さて、次のうち、この「パルミジャーノ・レッジャーノ」について正しいことはどれでしょう?
A 銀行に預けると利子がつく
B 長男が生まれるとプレゼントされる
C 盗むと死刑になる
D 無形文化遺産に指定されている
答え:A 銀行に預けると利子がつく
解説:世界で最も価値の高いチーズともいわれる、イタリアのパルメザンチーズ。イタリアでは、一部の銀行にあるチーズの熟成庫にこのパルメザンを預ければ、なんと、利子がつきます。また市価の数割分の借金ができるなど、まさに預金・担保といっても過言ではない、価値のあるチーズなのです。

ドイツを代表するお菓子「バウムクーヘン」。日本で初めてこのケーキを作ったのはドイツ人カール・ユーハイムです。1919年のことでした。ユーハイムは戦後、菓子店を開き、この「バウムクーヘン」を売り出しますが、当初は「バウムクーヘン」という名前ではありませんでした。どんな名前だったでしょう?
A タイヤケーキ  B ピラミッドケーキ
C レコードケーキ  D ロールケーキ
答え:B ピラミッドケーキ
解説:ユーハイムが日本で菓子店を開き、「バウムクーヘン」を販売し始めた当初は、その形から「ピラミッドケーキ」と呼ばれていました。それが1960年代に入ったころから、切り口が“木の年輪”のようだということから、ドイツ語で「木のお菓子」という意味の「バウムクーヘン」と呼ばれるようになったのです。

「ジョージア ヨーロピアン」が目指したもの、それはヨーロッパに学び、日本で昇華したコーヒーでした。そんな「ジョージア ヨーロピアン」の各パッケージには日本のマインドを表現して、ある日本をイメージせるモチーフが使われています。そのうちの一つ、「ジョージア ヨーロピアン コクの超微糖」で採用されたモチーフは何でしょう?
A 藍染め  B 黒炭  C 鋼  D 漆
答え:C 鋼
解説:「ジョージア ヨーロピアン」が目指したもの、それはヨーロッパに学び、日本で昇華したコーヒー。日本人の嗜好に合う味わいを追求することは、日本の良さを再認識することでもありました。さまざまな海外の文化を取り入れ、独特の文化へ昇華させてきた日本。「ジョージア ヨーロピアン」の開発においても、そんな素晴らしい伝統を継承していきたいと考えました。各パッケージデザインでイメージした藍色、黒炭、漆、鋼は、日本のマインドを表現したものなのです。

19世紀にフランスやイギリスで次々に開発が進められ、現在までに様々な進化を遂げてきた注射器。2005年、日本である生き物を研究して「世界一細い注射針」が開発され話題を呼びました。さてこの注射針、いったいどんな生き物を参考にしたのでしょう?
A コウモリ  B タコ  C 蚊  D クモ
答え:C 蚊 蚊がいなくなるスプレー 90日 【HTRC2.1】
解説:この注射針は、1日に何度も自分で注射を打たなくてはならない糖尿病患者のために開発されました。参考にしたのは「蚊」。蚊に血を吸われている時に痛みを感じないことに注目し、蚊を徹底解明して、“世界で一番痛みの少ない注射針”が開発されました。

チョコレートの本場というとベルギーやスイスが思い浮かびます。明治時代にヨーロッパを訪れた岩倉具視の使節団は、チョコレート工場を見学した際、チョコレートについてこう書き残しています。「人の血液に滋養を与え、○○功あり」。さて、○○とはどんなことでしょう?
A 精神を補う  B 脳を働かせる
C 体力をつける  D 内臓機能を高める
答え:A 精神を補う
解説:明治初期、不平等条約改正のためヨーロッパに出向いた岩倉使節団は、フランスでチョコレート工場を見学します。そこで、チョコレートの作り方や味わいについての説明を書き記し、チョコレートについて「極めて上品な菓子で、人の血液に滋養を与え、精神を補う」と述べています。

ジョージア ヨーロピアン トリビアクイズ

Continue reading

ジョージアヨーロピアントリビアクイズ 日本で洗練されたこだわりを見抜く9

日本のおふくろの味ともいえる「肉じゃが」の誕生には、一説によると、明治・大正時代の軍人・東郷平八郎が関わっていると伝えられています。ある時彼が、ヨーロッパ留学中に知ったある食べ物が食べたいと思い、部下に作らせたところ、悪戦苦闘しながら出来上がったのが「肉じゃが」なのだとか。さて、東郷平八郎が食べたがったものとは何でしょう?
A コロッケ  B ビーフシチュー
C ポトフ  D マッシュポテト
答え:B ビーフシチュー ハウス 麻布十番ビーフシチュー
解説:肉じゃが誕生については諸説ありますが、有力なのが広島県呉市が発祥という説と、京都府舞鶴市が発祥という説。その舞鶴市による説が、東郷平八郎がビーフシチューを作らせる過程で出来上がったのが肉じゃが、というものです。ビーフシチューとは似ても似つかぬ代物ですが、なかなかの味で、栄養バランスにも優れていることから、艦上食として広まったといわれています。

ゴッホなどにも影響を与えた浮世絵。ヨーロッパで日本の浮世絵の存在が知られるようになったきっかけは、ある意外なものに描かれていたからでした。それは何だったのでしょう?
A 昔話の本  B 家具  C 包装紙  D 着物
答え:C 包装紙 
解説:江戸時代、焼き物や仏像などの古美術品をヨーロッパに輸出する際、包装紙として使われていたのが浮世絵版画紙でした。包装紙に印刷された浮世絵を見たヨーロッパの人々は、エキゾチックで独特の美しさを持つこの浮世絵に魅了されました。浮世絵はゴッホやマネなど、印象派の画家たちにも強烈なインスピレーションを与えたといわれています。

電池は、近代的なものは18世紀のイタリアで発明されました。日本でも様々な製品に電池が用いられるようになりました。その後、日本人によって「乾電池」が発明されます。さて、この日本人発明者はあることがきっかけで乾電池の開発に取り組んだとされていますが、それはどんなことでしょう?
A 受験に遅刻したこと  B 見合い相手に振られたこと
C 泥棒に間違われたこと  D 賭博で無一文になったこと
答え:A 受験に遅刻したこと
解説:「乾電池」が誕生したのは1885年。新潟県出身の屋井先蔵という日本人によって発明されました。彼が「乾電池」を発明するきっかけとなったのは、なんと高等工業学校の入学試験に遅刻したこと。持っていた時計が遅れていたために遅刻してしまったそうで、この悔しさから屋井先蔵は、ゼンマイに頼らない「完全電気時計」の開発に取り組みます。その過程で考案されたのが世界初の「乾電池」だったのです。

19世紀の初め、フランス皇帝ナポレオンが、戦争のためにあることに関する懸賞募集を命じました。それは今でも日本を含め世界中で活用されているものなのですが、何に関する募集でしょう?
A 食品保存  B 人工呼吸  C 記憶術  D 天気予報
答え:A 食品保存
解説:当時は、ヨーロッパ各地で戦争が繰り広げられており、新鮮な野菜や果物が不足していました。偏食によって兵士や一般市民に様々な病気が広まってしまったため、これを解決するためにナポレオンは食品の保存法を募集しました。このときの募集で採用されたのが、フランス人のアペールによる「缶詰」の製法。この原理は今日でも缶詰製法の基本として世界中で活用されています。

1839年、フランスで銀板写真「ダゲレオタイプ」が発明されました。カメラは江戸時代末期に日本に持ち込まれ、産業の近代化を経て、日本を代表する製品にまで成長しました。さて、ケータイの普及で1人1台カメラ時代ともいえるこのご時世ですが、日本で作られた「世界初のカメラ付携帯」の、意外な宣伝文句は何だったでしょう?
A パーソナルハンディコピー機
B ポケットに子どもの笑顔を
C お見合いに使えるテレビ電話端末
D 毎日の食事はこれで記録
答え:C お見合いに使えるテレビ電話端末
解説:「世界初のカメラ付携帯電話」は、1999年に発売されました。当時の宣伝文句は、「お見合いに使えるテレビ電話端末」。このカメラは“テレビ電話用”として開発されていたのです。そのため、液晶面側にカメラがついており、自分を撮る以外には使いづらいものでした。その後、自分撮りはもちろん、自分以外のものも撮影しやすいよう改良され、ますますカメラ付携帯(スマホ)は身近なものになりました。

ジョージア ヨーロピアン トリビアクイズ

Continue reading

ジョージアヨーロピアントリビアクイズ 日本で洗練されたこだわりを見抜く8

現在のボウリングのルーツは中世ヨーロッパにあるとされています。日本では昭和30年代~40年代にかけて大流行しましたが、次のうち、昭和47年に日本で生まれ、ボウリングに由来するとされる説が有力な言葉とは何でしょう?
A ハッスル  B ガッツポーズ  C Vサイン  D ハイタッチ
答え:B ガッツポーズ
解説:ガッツポーズのポーズ自体は昔からありましたが、このポーズに「ガッツポーズ」という言葉を初めて使用したのは、1972年11月に発行されたボウリング雑誌『週刊ガッツボウル』でした。同年10月に行われたトーナメントで、ストライクを出した杉本勝子プロが力強くポーズを取っている写真を掲載し、それに対し「ガッツポーズ」という言葉を使っています。

「ジョージア ヨーロピアン」が目指したもの、それはヨーロッパに学び、日本で昇華したコーヒーでした。そんな「ジョージア ヨーロピアン」の各パッケージには日本のマインドを表現して、ある日本をイメージせるモチーフが使われています。そのうちの一つ、「ジョージア ヨーロピアン コクの超微糖」で採用されたモチーフは何でしょう?
A 藍染め  B 黒炭  C 鋼  D 漆
答え:C 鋼 鋼の錬金術師 ハガネの女
解説:「ジョージア ヨーロピアン」が目指したもの、それはヨーロッパに学び、日本で昇華したコーヒー。日本人の嗜好に合う味わいを追求することは、日本の良さを再認識することでもありました。さまざまな海外の文化を取り入れ、独特の文化へ昇華させてきた日本。「ジョージア ヨーロピアン」の開発においても、そんな素晴らしい伝統を継承していきたいと考えました。各パッケージデザインでイメージした藍色、黒炭、漆、鋼は、日本のマインドを表現したものなのです。

「ヨーロピアン コクの微糖」では、深く香ばしく力強い味わいロブスタ豆とエチオピアが原産とされ、中東のイエメンで広まったことからその名がついたといわれるある豆がつかわれています。甘みに特徴のあるそのコーヒー豆の名前は?
A アラビカ豆  B エチオピア豆
C エメラルドマウンテン豆  D リベリカ豆
答え:A アラビカ豆
解説:アラビカ豆は、甘みに特徴のあるコーヒー豆。エチオピアが原産とされ、中東のイエメンで広まったことからアラビカの名で呼ばれるようになったというエピソードがあります。「ヨーロピアン コクの微糖」では、ヨーロッパでも広く親しまれている、品のよい香りが特長のブラジル産のアラビカ豆。そして深く香ばしい、力強い味わいロブスタ豆を使用しています。ちなみに、エスプレッソが主流のヨーロッパでは南下するほど、ロブスタ豆を使う傾向が強くなっています。

ゴッホなどにも影響を与えた浮世絵。ヨーロッパで日本の浮世絵の存在が知られるようになったきっかけは、ある意外なものに描かれていたからでした。それは何だったのでしょう?
A 昔話の本  B 家具  C 包装紙  D 着物
答え:C 包装紙
解説:江戸時代、焼き物や仏像などの古美術品をヨーロッパに輸出する際、包装紙として使われていたのが浮世絵版画紙でした。包装紙に印刷された浮世絵を見たヨーロッパの人々は、エキゾチックで独特の美しさを持つこの浮世絵に魅了されました。浮世絵はゴッホやマネなど、印象派の画家たちにも強烈なインスピレーションを与えたといわれています。

2月14日のバレンタインデー。もともとはヨーロッパに起源を発する記念日ですが、1970年代に日本に定着して以来、様々な文化を派生させてきました。さて、バレンタインデーから88日後、5月中旬にやってくる日本独自の記念日「メイストームデー」とは一体どんな日でしょう?
A 別れ話を切り出すのに最適な日
B 独り者がうっぷんを晴らす日
C プロポーズをすると良い日
D 浮気心が起きやすい日
答え:A 別れ話を切り出すのに最適な日
解説:「メイストーム」とは、5月頃に発生する急激に発達した温帯低気圧のことです。陰暦5月1日ごろの「八十八夜」に降りる霜のことを、このあとには霜はないということから「八十八夜の別れ霜」などといいますが、この言葉とひっかけているわけです。「バレンタインデー」から数えて88日目のことを、別れを切り出すのに最適、ということから「メイストームデー」と呼ぶようになったそうです。

ジョージア ヨーロピアン トリビアクイズ

Continue reading

ジョージアヨーロピアントリビアクイズ 日本で洗練されたこだわりを見抜く7

スーツに欠かせないネクタイ。一般的には17世紀のフランスに起源があるとされています。日本に入ってきたのは幕末のころです。さて、日本人で一番最初にネクタイを着用したとされる人物は誰でしょう?
A 坂本龍馬  B ジョン万次郎
C 福沢諭吉  D 明治天皇
答え:B ジョン万次郎
解説:ジョン万次郎は、幕末に偶然アメリカに渡った土佐出身の漂流民です。アメリカで西洋文明に触れ、日本に帰国した後、江戸幕府に召し抱えられます。帰国直後、長崎奉行所で取り調べを受けた際、所持品の中に「白鹿襟飾」つまり「ネクタイ」があったことが記録されています。

ヨーロッパにルーツをもつ酪農の技術ですが、日本では、黒船の時代に牛乳を飲む習慣が始まったといわれています。さて、明治のころ、東京で「耕牧舎」という牛乳屋さんを営み、乳牛を飼い、牛乳やバターなどを作っていたのはある有名人の父親です。さて、誰でしょう?
A 芥川龍之介  B 吉田茂
C やなせたかし  D 湯川秀樹
答え:A 芥川龍之介 羅生門 蜘蛛の糸 杜子春 外十八篇
解説:牛乳屋の「耕牧舎」は、もともとは実業家の渋沢栄一が興した会社でした。渋沢の信頼を得ていた芥川龍之介の父・新原敏三は、東京方面の販売管理責任者を任され、築地入船町に本店を置きました。これが龍之介の生家でした。

大正元年に日本で生まれた楽器「大正琴」。白と黒の鍵盤を叩くことで、中にある弦をはじき、琴のような音を奏でる楽器です。実はこの楽器、ヨーロッパで生まれたあるものをヒントに考案されたのですが、それは一体何でしょう?
A チェス盤  B カレンダー
C 電卓  D タイプライター
答え:D タイプライター
解説:白と黒のたくさんのボタンと何本もの弦が特徴的な大正琴は、日本人の森田吾郎さんによって発明されました。若い頃、欧米諸国に渡り、様々な西洋楽器と出会った森田さんは、帰国後、当時流行していた二弦琴に、タイプライターをヒントにした音階ボタンを取り付け大正琴を考案しました。

「ヨーロピアン ヴィンテージ」ではコーヒー豆本来の味の深みを追求するため、サイロと呼ばれる食庫で通常よりも3倍の期間、コーヒー豆を乾燥させています。これにより、豆の水分値を均一化させ、コーヒーチェリーの果肉の甘みと旨みがしみこんだ長期熟成豆となります。「ヨーロピアン ヴィンテージ」で採用しているこの乾燥の期間はどれくらい?
A 30日程度  B 6日程度  C 15日程度  D 20日程度
答え:A 30日程度
解説:コーヒー豆自体に甘みや酸味などを閉じ込めるため、果肉のついた状態(コーヒーチェリー)で豆を天日乾燥させます。その後、通常は約一週間から10日間、サイロと呼ばれる食庫でさらに乾燥させています。「ヨーロピアン ヴィンテージ」では、この乾燥の期間をおよそ3倍の30日程度を設定。コーヒー豆本来の味の深みを追求したい。試行錯誤の末、旨みやコクを最大限引き出すためには、少なくとも30日は必要であるという結論に達したのです。そして、豆の水分値を均一化させ、コーヒーチェリーの果肉の甘みと旨みがしみこんだ長期熟成豆が完成しました。

1839年、フランスで銀板写真「ダゲレオタイプ」が発明されました。カメラは江戸時代末期に日本に持ち込まれ、産業の近代化を経て、日本を代表する製品にまで成長しました。さて、ケータイの普及で1人1台カメラ時代ともいえるこのご時世ですが、日本で作られた「世界初のカメラ付携帯」の、意外な宣伝文句は何だったでしょう?
A パーソナルハンディコピー機
B ポケットに子どもの笑顔を
C お見合いに使えるテレビ電話端末
D 毎日の食事はこれで記録
答え:C お見合いに使えるテレビ電話端末
解説:「世界初のカメラ付携帯電話」は、1999年に発売されました。当時の宣伝文句は、「お見合いに使えるテレビ電話端末」。このカメラは“テレビ電話用”として開発されていたのです。そのため、液晶面側にカメラがついており、自分を撮る以外には使いづらいものでした。その後、自分撮りはもちろん、自分以外のものも撮影しやすいよう改良され、ますますカメラ付携帯(スマホ)は身近なものになりました。

ジョージア ヨーロピアン トリビアクイズ

Continue reading

紅茶花伝から新発売された焦がしアーモンドとキャラメルが香る ほんのりビターな「ビターアーモンドキャラメルロイヤルミルクティー」で100%使用されている茶葉は次のうちどれでしょうか? コカ・コーラ パーク 予想チャレンジ

紅茶花伝から新発売された焦がしアーモンドとキャラメルが香る ほんのりビターな「ビターアーモンドキャラメルロイヤルミルクティー」で100%使用されている茶葉は次のうちどれでしょうか?

アッサム  ウバ  タージリン  キャンディ

コカ・コーラパーク 予想チャレンジ

答えは・・・

Continue reading

1958年に日本で発売開始して以来、50年以上愛され続けている「ファンタ」ですが、9月17日(月)より全国でファンタ “レトロシリーズ”第三弾として発売されたフレーバーとは次のうちどれでしょうか? コカ・コーラ パーク 予想チャレンジ

1958年に日本で発売開始して以来、50年以上愛され続けている「ファンタ」ですが、9月17日(月)より全国でファンタ “レトロシリーズ”第三弾として発売されたフレーバーとは次のうちどれでしょうか?

フルーツパンチ  トロピカルパンチ
ゴールデン グレープ  スカッシュパンチ

コカ・コーラパーク 予想チャレンジ

答えは・・・

Continue reading

ジョージアヨーロピアントリビアクイズ 日本で洗練されたこだわりを見抜く6

「ジョージア ヨーロピアン」が目指したもの、それはヨーロッパに学び、日本で昇華したコーヒーでした。そんな「ジョージア ヨーロピアン」の各パッケージには日本のマインドを表現して、ある日本をイメージせるモチーフが使われています。そのうちの一つ、「ジョージア ヨーロピアン コクの微糖」で採用されたモチーフは何でしょう?
A 藍染め  B 黒炭  C 鋼  D 漆
答え:A 藍染め
解説:「ジョージア ヨーロピアン」が目指したもの、それはヨーロッパに学び、日本で昇華したコーヒー。日本人の嗜好に合う味わいを追求することは、日本の良さを再認識することでもありました。さまざまな海外の文化を取り入れ、独特の文化へ昇華させてきた日本。「ジョージア ヨーロピアン」の開発においても、そんな素晴らしい伝統を継承していきたいと考えました。各パッケージデザインでイメージした藍色、黒炭、漆、鋼は、日本のマインドを表現したものなのです。

一般にイギリス発祥とされるゴルフ。昭和30年代には日本にもゴルフブームが到来し、国産のゴルフクラブも製造されるようになりました。さて、特に日本製のものが世界的にも評価が高いものといえばアイアンヘッドですが、日本でこのアイアンヘッドを最初に製造し、現在でも高いシェアを誇るのはどこの都市でしょう?
A 宮崎市  B 函館市  C 仙台市  D 姫路市
答え:D 姫路市
解説:1901年、イギリス人のアーサー・H・グルームが神戸・六甲山に「神戸ゴルフクラブ」を開設し、日本にゴルフが伝えられました。昭和初期には日本国内でもクラブの製造が始まりました。シャフトは埼玉県での生産が盛んでしたが、アイアンヘッドは姫路で製造されるものが有名です。昭和40年代には全国のアイアンヘッドの7割が姫路で生産されたといわれ、地場産業として定着しました。

19世紀半ば、パリで誕生したデパート。日本ではそれから数十年を経て、20世紀の初めごろに作られたのが最初とされています。さて、次のうち、日本のデパートで「発明」されたものはどれでしょう?
A お子様ランチ  B バーゲンセール
C 月賦  D エレベーターガール
答え:A お子様ランチ
解説:レストランでおなじみの「お子様ランチ」は日本で生まれました。発祥は日本橋三越。1930年に「御子様洋食」としてメニューに載せられました。この由緒ある「御子様洋食」は日本橋三越のレストラン「ランドマーク」にて引き継がれ、今でも注文することができます。

フランスのリュミエール兄弟が作った「シネマトグラフ」に起源をもつ映画。初めて入場料を取って披露したのはパリにあったホールで、1895年のできごとでした。さて、カンヌ映画祭、日本映画として最初にグランプリを受賞した作品は何でしょう?
A 無法松の一生  B 地獄門  C 影武者  D 羅生門
答え:B 地獄門
解説:カンヌ国際映画祭で日本映画として最初にグランプリを受賞した作品は、衣笠貞之助監督による映画『地獄門』です。1954年の第7回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞しました。その後、日本映画では80年に『影武者』、83年に『楢山節考』、97年に『うなぎ』が受賞しています。

コーヒーは、抽出方法によっても、味わいが大きく変化します。糖分は高温のお湯に溶けやすく、逆に苦味や色素などは溶けにくいという性質があります。こうした特性をふまえ、「ヨーロピアン コクの微糖」では、それぞれの豆を2層にして、抽出しています。抽出の際、上と下にくる豆はどれとどれ?
A アラビカ豆、下にロブスタ豆
B 上にロブスタ豆、下にアラビカ豆
C 上にアラビカ豆、下にリベリカ豆
D 上にリベリカ豆、下にアラビカ豆
答え:B 上にロブスタ豆、下にアラビカ豆 生豆 ロブスタ AP-1
解説:コーヒーは、抽出方法によっても、味わいが大きく変化します。糖分は高温のお湯に溶けやすく、逆に苦味や色素などは溶けにくいという性質があります。こうした特性をふまえ、「ヨーロピアン コクの微糖」では、アラビカ豆、ロブスタ豆を2層にして、抽出しています。上の層には味の強いロブスタ豆を置き、旨みを取り出します。そして下の層では甘みのあるアラビカ豆がコーヒーの味を整えるという役割。この2層抽出という方法によって、独特のコクを生み出しているのです。

ジョージア ヨーロピアン トリビアクイズ

Continue reading

ジョージアヨーロピアントリビアクイズ 日本で洗練されたこだわりを見抜く5

紙おむつが考案されたのは1940年代半ば。ドイツの経済封鎖によって、おむつのための綿に困ったスウェーデンで開発されました。現在、日本の紙おむつ使用率は99%にものぼります。さて、最近日本でブームになっている、紙おむつを使ったあるものとは何でしょう?
A ケーキ  B 防災ずきん  C ドレス  D 傘
答え:A ケーキ
解説:このケーキは、実際に食べられるケーキではありません。レースやリボンと、紙おむつを組み合わせてデコレーションする最近人気のギフトで、「ダイパーケーキ」と呼ばれます。2000年頃からアメリカで赤ちゃんの誕生祝いとして用いられるようになり、最近は日本でもおなじみになりました。

日本のお家芸ともいえる造船技術。その技術はヨーロッパからもたらされたもので、太平洋を渡った咸臨丸もオランダで造られた船でした。さて、日本の初代南極観測船として知られる「宗谷」は、もともとある国の依頼を受けて建造された船でした。その国とはどこでしょう?
A カナダ  B インドネシア  C 旧ソ連  D インド
答え:C 旧ソ連
解説:もともと「宗谷」は、旧ソ連の通商代表部からの注文で日本の松尾造船所が製造した耐氷輸送船で、名前を「ボロチャエベツ号」といいました。しかし、第二次世界大戦直前の情勢を鑑み、松尾造船所は旧ソ連との契約を破棄。1938年に「ボロチャエベツ号」は貨物船「地領丸」として日本で就航することとなりました。その後、海軍によって軍艦として入籍された後、いよいよ56年、南極観測船として選定されます。

ゴッホなどにも影響を与えた浮世絵。ヨーロッパで日本の浮世絵の存在が知られるようになったきっかけは、ある意外なものに描かれていたからでした。それは何だったのでしょう?
A 昔話の本  B 家具  C 包装紙  D 着物
答え:C 包装紙 
解説:江戸時代、焼き物や仏像などの古美術品をヨーロッパに輸出する際、包装紙として使われていたのが浮世絵版画紙でした。包装紙に印刷された浮世絵を見たヨーロッパの人々は、エキゾチックで独特の美しさを持つこの浮世絵に魅了されました。浮世絵はゴッホやマネなど、印象派の画家たちにも強烈なインスピレーションを与えたといわれています。

スーツに欠かせないネクタイ。一般的には17世紀のフランスに起源があるとされています。日本に入ってきたのは幕末のころです。さて、日本人で一番最初にネクタイを着用したとされる人物は誰でしょう?
A 坂本龍馬  B ジョン万次郎
C 福沢諭吉  D 明治天皇
答え:B ジョン万次郎
解説:ジョン万次郎は、幕末に偶然アメリカに渡った土佐出身の漂流民です。アメリカで西洋文明に触れ、日本に帰国した後、江戸幕府に召し抱えられます。帰国直後、長崎奉行所で取り調べを受けた際、所持品の中に「白鹿襟飾」つまり「ネクタイ」があったことが記録されています。

19世紀にドイツやフランスで発明された自転車。日本には幕末のころ持ち込まれたとされています。1990年代には、日本で世界初の電動自転車が作られました。さて、最近はエコ・健康志向、高齢化社会で、ますます電動自転車の需要が高まってきているといいます。男性をターゲットにした電動自転車も次々に登場。次のうち、男性向けとして電動自転車に施された工夫はどれでしょう?
A ペダルのサイズを大きくした
B カゴの横幅を広くした
C 総走行距離が記録される
D ヘルメット収容ボックスをつけた
答え:B カゴの横幅を広くした
解説:日本で生まれた電動自転車。もともとは、女性やお年寄りをターゲットにした、いわゆる“ママチャリ”タイプが主流でした。しかし、近年、エコ意識や健康志向の高まりにより、男性の間でも電動自転車の需要が増えているようです。男性が通勤で使用することを想定して施されている工夫のひとつが、カゴの形状。幅の広いビジネスバッグがすっぽり収まるように、横幅を広くしたものが登場しました。

ジョージア ヨーロピアン トリビアクイズ

Continue reading

Home > 2012年09月

ようこそ。
ブログ村へGo!
Yahoo!ブックマーク登録
現在:9人
このエントリーをはてなブックマークに追加 はてなブックマーク - <%topntry_title>  このエントリーを含むはてなブックマーク
当たりやすい懸賞紹介!


ツイッター

このブログの注目ワード

リンク
Amazonなど
プロフィール

当たる人

Author:当たる人
FC2ブログへようこそ!

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
  • 最新記事をお知らせ
ランキング
  • seo
あわせて読みたい
あわせて読みたいブログパーツ

Return to page top

借金返済裏技